<   2004年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2学期の準備

a0031126_12273284.jpg
夏休みの宿題はあと一息で完成するはず。

で、本人の見た目も新学期を迎える準備をしなきゃ、ってことで、
お友達のおうちに遊びに行った時に、パパにCutしてもらった。
おうちの一室がサロンになっているので、
母はリビングでおしゃべりしながら時々ガラス越しに息子の様子を確認。

完成した姿をみた本人の一言、
「内山くんがいるのかと思った…」

確かに。。。^^;

2学期こそ、親子でダイエットしようね。(・・;)
[PR]
by rosso-w | 2004-08-29 12:33

夏休みの宿題って…

子供の宿題なんだか、大人がしなくちゃいけないものなのか、
毎年、夏休みが終わりに近付くといつも思ってしまう。

今年は自由研究は何をしようかと
焦ったり悩んだりするのは親であって、
当事者である子供は危機感も焦りもない様子。(-_-;)

まぁ、小学生の間だけは親が主導権をもってやるもんだ、
と、割り切って、今年も次男の宿題は私のやりたかったことをすることにした。
( ̄ー ̄)ニヤリッ

で、今年のテーマ?は「石鹸作り」

「石鹸って、何から出来てるのか知ってる?」と、話題提供して
「ベトベトしなくなる物なのに、ベトベトの油から出来てるんだよ」
っと子供の興味を引きながら、母の制作意欲を押し付けた。

作ってはみたかったけど、忙しい日々の中では、なかなか取り掛かれなかった石鹸作り。
今も忙しくないわけではないけれど、
夏休みも終盤で、そろそろ取り掛からないと2学期に間に合わないので、
昨日は、午後半休を取って早退して、材料を買い揃え、
明るいうちに帰宅して石鹸作りを始めた。

エプロンやゴーグル、手袋を着用した次男と、道具と材料を揃えて、撮影。
本を見ながら、手順を通り実行しながら、順を追って撮影。
簡単にできるだろうと思っていたけど、これには時間がかかった。

オイル類と苛性ソーダ水を混ぜた物がさらさらからドロドロ状態になるまでも、
本に書いていた以上の時間がかかり、結局、2時間以上たっても固まらず。

当のご本人は、もう疲れたと、トレースが出ずに母が焦っているというのに
既にテレビの相手をしていた。^^;

主役の次男不在のまま、石鹸作りは進む。

これを成功させなきゃ、夏休みは終わらないよぉ!と危機感を感じたので、
あきらめず、再度、タネの温度を上げて、最初からの過程を繰り返してみたら、
何とか、無事にトレースが出てきて一安心。

今回、作ろうとしているのは、
材料の配合はオリーブオイル72%のマルセイユ石鹸を基本にして
私のオリジナルのアレンジを加えたもの。
色は普通の乳白色よりも元気の出そうなオレンジにしたかったので、
パーム油もレッドパーム油を使用し、
香りもオレンジベースで、ヒノキをプラスしてみることにした。
色も香りも付いた、初めてにしては少々欲張りなレシピかも・・・。

ドロドロになったタネにアロマオイルを混ぜ込み、型に流し入れて、毛布に包んで保温。
あとは、切れる状態に固まるのを待つのみ♪

翌日の今日は、型から外してカットできる予定だったのに、
肝心の石鹸はまだ、ドロドロのままで切れそうにない。

参ったなぁ…

石鹸くんの相手をせずに、終日、野球の試合の応援に行ってたのが悪かったのかなぁ・・・(笑)

まぁ、ここまでは出来てるんだから、
固まるのを待ちながら、撮影した画像のプリントアウトと説明文の作成を済ませてしまおう。
石鹸くんの乾燥のために、エアコンを思いっきりドライ設定にして…。(^-^)
a0031126_208532.jpg

[PR]
by rosso-w | 2004-08-21 19:52 | etc...

子供の楽しみと大人の楽しみ

a0031126_2212631.jpg夏休みのイベントとして1泊2日のお出かけに
友人家族に誘われて、以前から興味があった直島に行った。

今回の宿泊先はベネッセのシーサイドパークのテント。

昨日はつい先日オープンした地中美術館。
大好きなモネの睡蓮シリーズが
近所の大原美術館で観るのとはまた違ったイメージで鑑賞できた。

太陽の位置により作品の表情が変わるウォルター・デ・マリアの作品と
ジェームズ・タレルの不思議な空間の作品も
日常から離れた感動だったが
初めて触れたANDO建築に感動。

静かで不思議な空間を飛び出すと、
子供たちのお楽しみの海遊び。

テントのすぐそばのプライベートビーチで
バシャバシャと水しぶきを上げる子供たちを見ながら
大人は木陰でくつろぎのひと時。

今日も子供たちは海遊びを堪能している間に
大人はコンテンポラリーアートミュージアムへ。

ここでも現代アートに触れながら
器であるANDO建築の魅力に静かだけど強烈に惹きつけられた。

子供のお楽しみは夏限定かもしれないけど、
大人のお楽しみは「次回は冷たい空気の冬にも是非!」と思ってしまった直島だった。
[PR]
by rosso-w | 2004-08-16 20:55 | etc...